虐待されている子どもや、虐待している親はサインを発信しています。
そのちょっとしたサインを見落とさないでください。

親のサイン

・育児についての知識がないかあっても偏っている。
・子どもが怪我をしても医者に見せようとしない。
・入院しても面会や付き添いをしない。
・赤ちゃんや幼児だけを残して長時間外出する。
・子どもの事故や怪我について不自然な説明をする。
・保育園や学校を無断で休ませることが多い。

子どものサイン

・不自然な怪我がある。
 新しい怪我と古い怪我が混じっている。
 何度も骨折をしている。
・身体が非常に不潔である。
 衣服の汚れ。季節に合わない服装。
・子供の泣き声が毎晩のように聞こえる。
 子どもの叩かれる音や子どもの叫び声がきこえる。
・身体の発達がひどく遅れている。
 表情が乏しい。
・食べ物へのこだわりが強い。
 むさぼるように食べる。